• 生産国
  • コーヒーは、日本の裏側にある国々で生産されています。この生産にまつわるお話をしていきます。

エルサルバドル/サンタリタについて

1、エルサルバドルとコーヒーの繋がり

エルサルバドルで、商業目的でコーヒーの生産が開始されたのは1850年代のことです。すぐに国から優遇措置を受ける作物となり、生産者には減税が適用されました。コーヒー生産は経済の重要な部分を占め、この国の主要な輸出品となっております。1880年には、エルサルバドルは世界第4位のコーヒー生産国となり、現在の2倍のコーヒーを生産していました。100年以上も前から世界有数の国の一つに君臨しているのです。

2、サンタリタの特徴

BUCKLE COFFEEの採用しているエルサルバドルのスペシャルティコーヒー豆はサンタリタ農園の品種はブルボン。加工方法はウォッシュトを選んでおります。ローストレベルはコクの中に柑橘系の酸味をほんのり表現したい為、ハイローストにしております。味の特徴としては、ビターキャラメルを思わせる上品なコクが感じられ、その後ほんのりとオレンジのような酸味が後味に感じられます。このサンタリタ農園では火山灰土壌やシェードツリーの落葉により、腐葉土を作り出し、高品質なコーヒーが生まれています。自然に作り出される環境で育った最高のコーヒーをお楽しみ下さい。

3、美味しい食べ合わせ

当店の中ではビターなコーヒーとして位置づけしている為、フォンダンショコラなど甘めのスイーツがオススメです。朝食と合わせても、目覚めのいい朝を迎えられるはずです。ベトナムのエバーグリーンよりは軽めの為、単体でも美味しく飲めること間違いないです。

BUCKLE COFFEE
古田

こちらの商品はBUCKLE COFFEE焙煎所直営の通販サイトよりご購入いただけます。
エルサルバドル/サンタリタ/ハイロースト

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。