フレンチプレスの洗い方と洗う理由

こんにちは。
BUCKLE COFFEEの佐藤です。意外に知ってるようでよく知らないフレンチプレスのお手入れについてお話をしていこうと思います。今回はBUCKLE COFFEEでも使用しているHARIOのフレンチプレスをもとに解説をしていきます。

[目次]
1. フレンチプレスを洗う理由
2. フレンチプレスは分解できる
3. 洗浄と組み立て

1. フレンチプレスを洗う理由


コーヒー油を取り除くため!!
コーヒーは香りを楽しむ飲み物でもあります。その為、淹れる器具に匂い移りがあるとせっかくの香りも台無しです。中でも抽出器具のひとつである”フレンチプレス”は洗浄を丁寧にする必要があります。それは、コーヒー豆(粉)と器具が直接触れている為抽出時にコーヒー油が付着しています。その油をしっかり洗い落とさないでそのままにしておくと、匂いが染み付いてしまいます。その為、抽出後はそのままにせずにすぐに洗う様にしましょう。

2. フレンチプレスは分解できる

フレンチプレスは基本的には下記の部品に分解ができます。

  1. ビーカー
  2. フレーム※ビーカーとフレームが分解できないものも有ります
  3. プランジャー(ハンドル部分)
  4. フィルター(3層構造)

物によっては、一体になっているものもあります。フレンチプレスを洗浄する前の準備として出来るだけ細かく分解しましょう。(分解時に向きや順番を忘れない様に注意してください。特にフィルター部は間違えやすいです)分解をせずに洗浄してしまうと、コーヒーかすが隙間に残る可能性があります。基本はネジ止めになっている部分が多いですので部品を分解してください。

3. 洗浄と組み立て

それでは、分解した部品をそれぞれ洗浄していきます。その際に、フレンチプレスは洗剤を使いスポンジ等で洗ってください。コーヒー器具は、洗剤なしで洗うとの意見もあります。ただし、このフレンチプレスは油分をしっかり落とす必要があるので洗剤を使って洗うことをオススメします。コーヒー器具を洗剤で洗うことの懸念点の一つとして”洗剤の匂いが移る”との声もあります。すすぎの際は洗剤が残らない様しっかりと流す様にしてください。すすいだ後は組み立てる前にしっかりと乾燥させます。乾燥後、元の順番に組み立てていき洗浄は完了です。フレンチプレスはしっかりお手入れすると長く使える優れものです。もちろんフィルターのメッシュの部分は、使うにつれて破れが発生します。ボダムやハリオ等のフレンチプレスによっては各部品のスペアパーツも販売しています。私もフィルターが破れた際やビーカーを落として割ってしまった際は、スペアパーツを購入し10年近く愛用しています。

お気に入りのコーヒーをお気に入りのフレンチプレスで至福のひと時をお過ごしください。

BUCKLE COFFEEでは、自家焙煎スペシャルティコーヒー の焙煎所です。
新鮮なコーヒー豆を皆様のご自宅ポストへお届けいたします。

1,580円以上のご注文で全国送料無料
スペシャルティコーヒー豆 通販:www.bucklecoffee.com

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。