新鮮なコーヒー豆は通販で買える?

コーヒー豆を通販で買うコツ

[目次]
1,焙煎後どれくらいの日数の豆が送られてくるのか
2,自分の好みを見つけやすい商品はあるか
3,商品は生豆100gなのかそれとも焙煎豆100gなのか
4,購入履歴は残るか
1,焙煎後どれくらいの日数の豆が送られてくるのか
コーヒーを美味しく飲むためのポイントの一つである「鮮度」がここで関わってきます。BUCKLE COFFEEでは焙煎豆の状態で焙煎後2週間以内の消費を推奨しております。そもそも焙煎後2週間以上経っている豆は鮮度が落ちている可能性があるのでお気をつけ下さい。焙煎後1週間以内や3日以内、注文後焙煎発送などの焙煎屋さんをお選びいただくと安心です。ちなみにBUCKLE COFFEEでは焙煎後1週間以内のコーヒー豆を発送しております。
2,自分の好みを見つけやすい商品はあるか
コーヒーは嗜好品です。どんなに高級なコーヒーであっても苦味が苦手な人に苦いコーヒーは、美味しく楽しむことは出来ませんよね。ましてやそのコーヒーを大量に買ってしまった場合、冷蔵庫の奥に眠り日に日に鮮度が落ち、時には化石のように発見されることとなります。こんな事にならない為には、少量から試していく事が大切です。50g〜100gの量ですと大体2〜8回淹れると無くなります。それ以上の量は味がわからないのに大量に買うのは少し危険です。まずは少量からお好みのコーヒーを見つけ、その次から200、300、400gとまとめて買うと安全です。なので少量から為せる商品を置いてあるコーヒー通販屋さんをお選びいただくといいかもしれません。
3,商品は生豆なのか焙煎豆なのか
コーヒーは、もともと赤い実を脱肉し洗い、乾燥させることで緑の豆(生豆)となります。その生豆を焙煎することで良く目にするチョコレート色のコーヒー豆になります。実はこの生豆を焙煎する事によって豆の中に含まれる水分が飛び重さが軽くなります。(焙煎度合によって差異はありますが約20%前後軽くなります)よって、生豆100gと記載されているお店で購入した場合、実際に手元に届くのは80g前後になるとイメージした上でご購入ください。そうすれば届いた後に「あれ?少しすくないか?」とモヤモヤが残ることもなくなります。
4,購入履歴は残るか
美味しいコーヒーに出会ったとしても、その豆の銘柄と焙煎度合を忘れてしまっては、もう一度探し直すしかありません。たとえ国名を覚えていたとしても、農園が違うだけで味が全く別物となります。たとえ農園を覚えていたとしても焙煎度合が違うだけで味の出方に違いが出てきます。そこもコーヒーの醍醐味では有るのですが美味しいと思ったコーヒーと再会したいのでしたら「国」「商品名(農園名)」「焙煎度合」は覚えておきましょう。インターネット通販で履歴が残る焙煎所ですとさかのぼって確認できるのでオススメです。
日本は物流の環境が整っているので東京から発送した場合、関東圏には次の日に届くでしょう。そして、2、3日あれば日本の相当な規模のエリアまでお届けする事が可能です。雨の日でも雪の日でも暑い日でも新鮮なコーヒー豆を手に入れられる。それは、世界中を見ても日本だからこそできる楽しみ方です。BUCKLE COFFEEでは1580円以上のご注文から送料無料で全国へお届けしております。お取り寄せ通販で美味しい新鮮なコーヒーをお楽しみください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。