コーヒーセミナー 〜カッピング編〜

こんにちは、BUCKLE COFFEEの石山です。
今回は、BUCKLE COFFEEが実施するカッピング体験セミナーについての内容や参加者の感想についてお話をしていきたいと思います。このセミナーはとある企業が主催し、運営を私たちが行った為、通年でBUCKLE COFFEEで行っているものではありません。BUCKLE COFFEEが通年で行っているセミナーは、下記のハンドドリップ淹れ方セミナーとなります。
ハンドドリップ淹れ方セミナー

[目次]

  1. カッピングセミナーの目的
  2. カッピングセミナーの内容
  3. 参加者の感想

1,カッピングセミナーの目的

カッピングセミナーの目的は主に2つあります。

①スペシャルティコーヒー の味の区別を出来るようにする

スペシャルティコーヒー とは、コーヒーの上位約5%の品質のコーヒーの事を指します。このスペシャルティコーヒー は、精製方法や焙煎度合いによってチョコレートやオレンジ、赤ワインの様に様々な味わい・香りの個性を持つ様になります。この個性の違いをガイドに沿って体験することにより、本当に自分が好きな味わいは、どの様な味かを理解することが出来ます。一昔前までは、ブルー・マウンテンが好き、ハワイコナが好きと言う言葉を聞きましたが、現在はより細分化される様になりました。ハワイコナの中でも生産農家が違うことでそもそもの味が変わる。その上、焙煎度合いが違うと全くの別物になります。ここを理解しないでハワイコナを好きと言う方は、たまたま好きな味に巡り会えたか、ハワイコナというワードが好きな可能性があります。本当に好きな味のコーヒーに出会いたい場合もう一歩踏み込んで理解する必要が出てきます。このもう一歩踏み込んでそれぞれの違いを感じてもらい区別するポイントを抑えることを一つ目の目的としています。

②各国の品評会の淹れ方を基準とした淹れ方(作法)の体験

品評会では、浸漬法という方法を用いてコーヒーを抽出します。そして、抽出後はカッピングスプーンというカッピング専用のスプーンを使いチェックを進めていきます。これらの方法を用いて、実際に品評会で評価されている味わいを体感していただきます。少人数の場合はそのまま正式な方法を用いてカッピングをしていきます。大人数の場合、正式な方法を少しアレンジし大人数用の方法(オリジナル)で実施していきます。

このようにセミナーでは、実際の作法をもとにスペシャルティコーヒーの味の違いを感じてもらいます。コーヒーの幅広さを感じていただけることと思います。

2,カッピングセミナーの内容

カッピングセミナーでは、主催者側の時間やテーブル数、意向に沿ってアレンジを行えます。先日行ったセミナーの内容を参考までに記します。

①カッピングセッション 1

②カッピングセッション 2

③オリジナルブレンドセッション

先日は、「スペシャルティコーヒー の味の違いを理解し自分好みのブレンドを作れる様にする」という事が目的だった為、2回のカッピングセッション の後にオリジナルブレンドセッションを設けました。これを学ぶ事で、コーヒーの選び方や買った後の楽しみ方に幅が出ます。

3,参加者の感想

[H.Nさん,男性]

コーヒーにこんな幅広い味の違いがある事に驚きました。

[T.Mさん,女性]

カッピングセッション の時は、余りに集中してしまい終始無言でした。

[Tさん,女性]

ブレンドコーヒーを初めて作りましたが、それぞれの豆の特徴を理解した上で作ると、豆選びの時から完成をイメージして作る事が出来楽しかったです。

ここ最近では、地域の集まりや企業のアクティビティ等でこの様なスペシャルティコーヒー のセミナーをご依頼いただく事が増えてきております。このようなセミナーにご興味がある方は、info@bucklecoffee.comへお問い合わせ下さい。確認が取れ次第随時ご返信いたします。

をの他、少人数向けにハンドドリップセミナーも実施しております。内容・ご予約は下記URLよりお願い致します。
http://bucklecoffee.com/

スペシャルティコーヒー 通販・お取り寄せサイト
BUCKLE COFFEE