片手にコーヒー蒲田散歩②

こんにちはBUCKLE COFFEEの石山です。
店頭でスペシャルティコーヒーを自家焙煎・抽出していると、お客様から「この辺りでオススメのお店・スポットはありますか?」とよく聞かれます。そこで、勝手にBUCKLE COFFEEがある東京都 大田区 六郷から自転車やバスで気軽に行けるエリアで美味しいコーヒーを片手に巡れるオススメスポットを紹介したいと思います。

今回のスペシャルティコーヒーは、BUCKLE COFFEEの顔 「 BUCKLE BLEND」を片手に巡って行きたいと思います。

[目次]

  1. ものづくりの町は昔から「日本専用ディーゼル機関発祥地」
  2. 服飾関係の聖地「ユザワヤ」
  3. ディープな一面がのぞける「バーボン通り」

1,ものづくりの町は昔から「日本専用ディーゼル機関発祥地」

この地で、大正10年に新潟鐵工所蒲田工場が建設され、日本初の船舶用ディーゼル機関が誕生しました。その後、昭和後半に群馬県へ工場は移転され同地は公団に売却されました。現在は、団地が住宅等が立ち並ぶ中、ひっそりと石碑が建てられています。何か、博物館や展示物等の目立つものは無いのですが、ひっそりと佇む石碑を見ると不思議とここで一つのモノづくりの歴史があったんだと感じます。

2,服飾関係の聖地「ユザワヤ」

「蒲田」の話を知人にすると、「ユザワヤあるよね」というワードを聞くことが有ります。私は町にユザワヤがある事が当たり前だったので高校生くらいまでは気になりませんでした。しかし、通学等で他の町に行く機会が増えていくと一つの地区にいくつもの館が混在するユザワヤの凄さがわかりました。布類がある建物は豊富な布類が、工芸類の建物は無数の材料や模型があります。きっと手工芸に興味のある人は半日くらい楽しめるでしょう。

 

3,ディープな一面がのぞける「バーボン通り」

ユザワヤから5分ほど歩くと線路高架下に怪しげな小道があります。ここはうなぎにやきとん、レバー等お酒に合いそうな食事を出す小さなお店が連なる通りです。初めての人は、入るのに少し勇気がいるかもしれませんがものは試しで飛び込んでみて下さい。下町感を楽しめるはずです。

お帰りはJR蒲田から帰るのが近くて便利です。
今回はBUCKLE COFFEEのオススメスポットとして蒲田をピックアップしました。他にも近隣でオススメの場所があれば紹介していこうと思います。

BUCKLE COFFEE(東京都・大田区)では新鮮で美味しい自家焙煎スペシャルティコーヒー豆を多数取り扱っております。店頭では焙煎豆の販売とドリンクのテイクアウトも行っています。一杯一杯ハンドドリップやフレンチプレスで丁寧に抽出していてアイスコーヒー、ホットコーヒー様々な種類を飲めます。皆様のご来店、通販でのご注文を心よりお待ちしております。

BUCKLE COFFEE(東京都・大田区)スペシャルティコーヒー 通販

http://www.bucklecoffee.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。