フレンチプレスでとびきり美味しいコーヒーを淹れる方法

[目次]

1,コーヒー豆の量
2,コーヒー豆を挽くときの粗さ
3,注ぐお湯の量と温度
4,待ち時間と完成後の注ぎ方

1. コーヒー豆の量

コーヒーの味は、使う豆の鮮度と品質が大きく左右しますが、このページでは淹れ方に注目するため、鮮度や品質についてはこちらの投稿でご確認ください。鮮度と品質が良いコーヒーを使用している前提で進めていきます。

コーヒーを淹れる際に意外とないがしろにしてしまうのが、このコーヒー豆の量です。「大体これくらいだろ」とコーヒー豆を使っていませんか?ある程度、目安の量を一度はかったことがあり、あまり差異無く使えている方は大丈夫ですが、そうでない方はご注意を。この「コーヒー豆の量をはかる」工程は非常に重要なポイントです。料理でも食材や調味料をレシピで推奨されている量に足りていないと「あれ?なんか物足りないぞ。薄いぞ。」なんてことになりますよね?コーヒーも同じでおいしくコーヒー成分を抽出するためには適量のコーヒー豆が必要になってきます。では、この適量とは一体どのくらいでしょうか。

 

フレンチプレスで作る場合は、最低280ccから作るようにしましょう。

1~2人分:豆20g/出来上がり240cc(注ぎは280cc)

2~3人分:豆40g/出来上がり480cc(注ぎは560cc)

 

まずは、上記の量のコーヒー豆を準備してください。

 

2. コーヒー豆を挽く時の粗さ

コーヒーを美味しく淹れるには、淹れる直前に豆を挽いて粉にして飲むことを強くお勧めします。理由は、コーヒーの鮮度の低下(酸化)スピードが圧倒的に違うからです。詳しくは以前の投稿で。ここ最近は、5~6000円程のリーズナブルな電動グラインダー(粉にする機械)も登場しているので、こちらを使われるとお手軽良いでしょう。

 

さて、本題に戻りましてフレンチプレスで入れる美味しいコーヒーのコーヒー豆の挽き目は、「細挽き」です。フレンチプレスのメーカーが推奨している挽き目は「粗挽き」です。が、BUCKLECOFFEEの店頭でお出ししているスペシャルティコーヒーは「細挽き」にして使用しています。理由は、スペシャルティコーヒーの個性がより強く出るからです。品質の悪いコーヒーは、細挽きを使うとエグ味のもととなりますが品質と鮮度の良いものは個性がより強く出るようになります。ただし、微粉がより混ざりやすくなるため注ぐ際に、目の細かい「こし網」を通して注ぐと微粉の流入を極力防ぐことが出来ます。100円均一などに売っている二重メッシュの目の細かいもので十分活用できます。

 

3. 注ぐお湯の量と温度

いつも沸騰してボコボコ言っているお湯を使っていませんか?それは、エグ味や苦みが強く出やすいと言われております。また、出来上がりの温度も暑すぎて火傷してしまいます。

フレンチプレスを使って淹れる時のお湯の温度は、82~90℃のお湯を使用してください。お家に温度計が無い方もたくさんいますよね。

そんな方は、沸騰したお湯を別の容器に移してください。1回移すことで約5℃の湯冷ましになります。なので、最低でも2回湯冷ましをしてから注ぐことで90℃以下になります。※雪山なのか夏のBBQ場なのか等、淹れる環境下によって差はあります。

さあ準備が出来たら、お湯を注いでいきましょう。注ぐ量は下記を基準に注いでください。

1~2人分:粉20g/出来上がり240cc(注ぎは280cc)

2~3人分:粉40g/出来上がり480cc(注ぎは560cc)

 

注ぎ終えると上に粉が浮いてきます。しっかりコーヒー成分を抽出できるようスプーン等で軽くかき混ぜ、プランジャー(蓋)で閉じましょう。

 

4. 待ち時間と注ぎ方

お湯を注ぎプランジャーで閉じたら、「4分」のタイマーをセットしてください。4分後プランジャーのハンドルを押し、粉を下部に押し込みます。そして、注ぐ前にフレンチプレスの容器を少し揺らしてください。上部と下部でコーヒーの濃度が違うので全体を均一に混ぜるためです。細挽きで淹れた場合は特に微粉が混ざりやすく、先ほど説明した二重メッシュの目の細かいこし網を通すか注ぎ切らないで少し水分を残して終えるようにしてください。※注ぎ始めも粉が混ざりやすいので少し捨てても構いません。

 

このようにコーヒーを注ぐと60℃台~70℃前半に仕上がります。BUCKLECOFFEEの研究結果では、スペシャルティコーヒーは56℃が一番甘みやフルーティな酸みを感じられる温度と見つけました。ですので、淹れたてから5分10分と時間が経つにつれて味も変化していきます。温度変化と共に美味しいコーヒーをお楽しみください。
今回はBUCKLE COFFEEもアイスコーヒーを抽出する際に使用しているフレンチプレスについてピックアップしました。他にもオススメの器具や淹れ方があれば紹介していこうと思います。

 

BUCKLE COFFEE(東京都・大田区・東六郷)では新鮮で美味しいスペシャルティ コーヒー豆を多数取り扱っております。店頭では焙煎豆の販売とドリンクのテイクアウトも行っています。一杯一杯ハンドドリップやフレンチプレスで丁寧に抽出していてアイスコーヒー、ホットコーヒー様々な種類を飲めます。皆様のご来店、通販でのご注文を心よりお待ちしております。

BUCKLE COFFEE(東京都・大田区・六郷・糀谷・蒲田・新蒲田・大森 エリア)スペシャルティ コーヒー 通販

http://www.bucklecoffee.com/

あわせて読みたい