ルワンダとスペシャルティコーヒーの関係 〜その1〜

今回は、ルワンダ紛争やマウンテンゴリラで有名なアフリカのルワンダとスペシャルティコーヒーの関係について3回に分けてお話ししていきたいと思います。
第1回目の内容は、

[目次]
1,ルワンダとは?
2,ルワンダのコーヒーとは?
3,ルワンダの生産者や地域産業と価格の関係

1,ルワンダとは?

ルワンダは1821年にスペインの植民地支配から独立した国です。人口が約1,200万人を有し、日本では東京都が約1,300万人と言われているので東京都の人口より少し少ない規模の人口の国ですね。位置はアフリカ大陸の中央にあり、ウガンダ、タンザニアやコンゴ等に囲まれています。ルワンダは「千の丘の国」としても知られており、高品質コーヒーを作るための標高の高い環境が多くあります。そのため、全土でコーヒーの生産が行われています。その中でも山の多い「フイエ地域」や「ニャマガベ地域」、キブ湖沿岸の「ニャマシェケ地域」、北東端にある「ンゴマ」や「ニャガタレ」で高品質のコーヒーが作られています。

2,ルワンダのコーヒーとは?

ルワンダにコーヒーがもたらされたのは、1904年にドイツ人宣教師が持ち込んだと言われています。もともとは、生産量は輸出できるレベルでは無かったのですが、第一次世界大戦後にベルギー統治となった事も関係するのかベルギーへの輸出が増えるようになりました。また、ルワンダはコーヒーを紛争後の復興のシンボルとし高品質コーヒーの生産に目標を定め、政府もコーヒー取引に積極的になりましいた。そして、当時はアフリカで唯一のカップ・オブ・エクセレンス(スペシャルティコーヒー品評会)が開催されていました。

3,ルワンダの生産者や価格の関係

ルワンダのコーヒーは、農家ではなくウォッシングステーション(精製場)ごとに追跡をたどる事が主になっています。その理由としてひとつの農家の平均生産量です。ひとつの生産者は約180本程のコーヒーの木しか生産していない為、農家レベルまで生産をたどる事は不可能と言われております。その為、農家からコーヒーを集め精製するウォッシングステーションごとに管理・評価する事で品質工場の一助となっています。価格については、前述にもあったように山の多い国のため輸送コストがかかりやすい特徴もあります。

今回は、ルワンダとルワンダコーヒーについての全体像をお話ししました。
次回は、ルワンダコーヒーがスペシャルティコーヒーとして世界に名を広げたお話をしたいと思います。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区)では新鮮で美味しいスペシャルティコーヒー豆を多数取り扱っております。店頭では焙煎豆の販売とドリンクのテイクアウトも行っています。一杯一杯ハンドドリップやフレンチプレスで丁寧に抽出していてアイスコーヒー、ホットコーヒー様々な種類を飲めます。皆様のご来店、通販でのご注文を心よりお待ちしております。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区・雑色エリア)スペシャルティコーヒー 通販

http://www.bucklecoffee.com

Roasting lab.
〒144-0046
東京都大田区東六郷2-4-14
OPEN8:00-17:00
水・木曜日 定休日

パナマとスペシャルティコーヒーの関係 〜その3〜

前回に引き続き今回は、パナマとスペシャルティコーヒーの関係についてお話ししていきます。
第3回目の内容は、パナマの有名農園「エスメラルダ農園」についてです。

[目次]
1,エスメラルダ農園のある場所
2,エスメラルダ農園とゲイシャの出会い
3,その他の品種

 

1,エスメラルダ農園のある場所


エスメラルダ農園は、パナマで最も有名な産地である、チリキ県ボケテ地方に有ります。山が多い地形で、それぞれ違った局地的な気象条件が形成されています。涼しい気候と頻繁に発生する霧によって、コーヒーチェリーがゆっくりと成熟してきます。毎年収穫期は12月〜3月となっています。同地では標高400m~1900mで生産が行われています。その中でもエスメラルダ農園のゲイシャ種は標高が高いほど特有の風味と複雑な酸味を持つようになるとされています。

2,エスメラルダ農園とゲイシャの出会い

エスメラルダ農園を経営するピーターソンファミリーは1997年にJaramllo Arriba農園を買収しました。この農園にはゲイシャ「T2722」という品種が植えられていました。2003年にダニエルピーターソン氏が収穫し、テイスティングしたところ他には無い素晴らしいアロマがあることを発見しました。これまでは、多品種と混ざって栽培していたことから気づかなかったのですが、これを気に他品種と区画整備し生産管理を開始することとなりました。今では、「ゲイシャ種の風味特性の発見」と言われています。そして、現在では、同じ品種でも標高や特殊な精製方法を小さな規模でテストを繰り返し品質向上を追求し続けています。

 

3,その他の品種

エスメラルダ農園では、ゲイシャ種とは別にカトゥアイ種の生産に力を注いでおります。エリア別に3ブランド(そのうち1つは新ブランド)に分け生産を行なっています。これも徹底的に生産管理にこだわり味に追求するエスメラルダ農園らしさが出ていますね。ここでは、その3つのブランドを紹介していきます。

1つめは新ブランドの「El Velo Reserve」

同品種を栽培する上で一番標高が高い1,700mの位置で生産が行われており、実験的に様々な品種を新植しています。まだ流通する収穫量では無いものの今後新ブランドとして展開されてくるかもしれません。

2つ目は歴史ある地から「Palmyra」

これは、エスメラルダ農園の中央部に位置するパルミラエリアで生産されているブランドで1967年にピーターソンファミリーが小さなコーヒー農家として始まったエリアです。歴史あるエリアのため古くからのお客様に愛されているブランドのようです。

3つ目は伝統の味「Diamond Mountain」

これは、伝統的に長く愛されてきたカトゥアイの風味を再現し明るい酸味を伴う味を目指して生産されています。オレンジのような明るい酸とミルクチョコやナッツのようなコクのある後味が特徴です。
2018年2月よりBUCKLE COFFEEではこの3つ目の「Diamond Mountain」の取扱いを開始しました。現在では、店頭・通販共に販売しており無くなり次第終売の予定です。

今回は3回にわたり、パナマとスペシャルティコーヒーの関係についてお話ししました。少しでもパナマとパナマスペシャルティコーヒーを身近に感じながら1杯のコーヒーを楽しんでもらえたら幸いです。3月はアフリカのルワンダを特集予定です。お楽しみに!!

BUCKLE COFFEE(東京・大田区)では新鮮で美味しいスペシャルティコーヒー豆を多数取り扱っております。店頭では焙煎豆の販売とドリンクのテイクアウトも行っています。一杯一杯ハンドドリップやフレンチプレスで丁寧に抽出していてアイスコーヒー、ホットコーヒー様々な種類を飲めます。皆様のご来店、通販・お取り寄せでのご注文を心よりお待ちしております。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区・雑色エリア)スペシャルティコーヒー 通販

http://www.bucklecoffee.com

Roasting lab.
〒144-0046
東京都大田区東六郷2-4-14
OPEN8:00-17:00
水・木曜日 定休日

パナマとスペシャルティコーヒーの関係 〜その2〜

前回に引き続き今回は、パナマとスペシャルティコーヒーの関係についてお話ししていきます。
第2回目の内容は、パナマのスペシャルティコーヒーにおける有名農園についてです。

[目次]
1,エスメラルダ農園
2,ハートマン農園
3,ドンパチ農園

1,エスメラルダ農園


パナマのスペシャルティコーヒーについて話すならこの農園は外せません。ピーターソンファミリーが所有するエスメラルダ農園です。このエスメラルダ農園は中米のコーヒー産業に強い影響を与えました。コーヒー価格が低い時代に、パナマスペシャルティコーヒー協会は、ベスト・オブ・パナマと呼ばれる品評会を開催しました。国内様々な農家が参加し、エスメラルダ農園は、ゲイシャ種と呼ばれる個性的な品種を出品しました。2004年〜2007年の4年連続優勝、そして09年,10年と再度連覇を達成しました。2013年には部門別優勝もしており、04年は21米ドル/ポンドの高価格取引を実現しました。(通常一般のアラビカ種コーヒーは、1.5米ドル〜2米ドル/ポンドで取引されます。)そして、2013年には、350.25米ドル/ポンドの値をつけられました。通常のアラビカ種取引価格の200倍以上の価格です。高価格コーヒーというと、インドネシアのコピルアクやジャマイカのブルーマウンテンなどが有名ですがこれらのコーヒーとは異なり、純粋に高品質を理由とし高値がついた事により大きな影響を与えました。

2,ハートマン農園


ハートマン農園コスタリカの国境近くの地域にあり、1900年代前半にチェコから移住してきてスタートしたと言われています。現在では、三代目のラディボールJr.が農園オーナーとして受け継がれております。彼らの作るコーヒーの中でもゲイシャ種のナチュラル精製のコーヒーは、完熟味がとても強く100%フルーツジュースを飲んでいる感覚になります。このハートマン農園は、コーヒー生産運営とともに敷地内の自然をもとにツーリズムやバードウォッチング等の自然との共存を感じることが出来る環境整備にも力を入れています。高品質コーヒー×観光は参考にする農園も多いはずです。

3,ドンパチ農園


「パナマゲイシャ」の生みの親といえば、このドンパチ農園初代オーナーのフランシスコ・セラシン氏です。1963年に彼は、隣国のコスタリカの米州農業協力研究所(IICA)から「ゲイシャ種」を取り寄せ自ら経営する農園に植えました。そして、そのゲイシャ種は香りや味が他のコーヒーと一線を画すことがわかりました。しかし、この時はまだスペシャルティコーヒー(高品質コーヒー)の概念は無く、他の品種と比べ生産性の低いゲイシャ種が日の目を浴びることはありませんでした。この初代オーナーのフランシスコ・セラシン氏の新しいコーヒーを造るチャレンジが「パナマゲイシャ」を生み出しました。そして、そのチャレンジから50年以上が経過し各農園が研究開発を進める事により、世界最高峰のコーヒーと進化してきました。新しく素晴らしいコーヒー体験を創り出す姿勢をBUCKLE COFFEEも見習い挑戦し続けたいと感じました。

今回は、パナマのスペシャルティコーヒーにおける有名農園についてお話ししました。
次回は、有名農園の中でもエスメラルダ農園に注目しお届けいたします。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区)では新鮮で美味しいスペシャルティコーヒー豆を多数取り扱っております。店頭では焙煎豆の販売とドリンクのテイクアウトも行っています。一杯一杯ハンドドリップやフレンチプレスで丁寧に抽出していてアイスコーヒー、ホットコーヒー様々な種類を飲めます。皆様のご来店、通販・お取り寄せでのご注文を心よりお待ちしております。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区・雑色エリア)スペシャルティコーヒー 通販

http://www.bucklecoffee.com

Roasting lab.
〒144-0046
東京都大田区東六郷2-4-14
OPEN8:00-17:00
水・木曜日 定休日