パナマとスペシャルティコーヒーの関係 〜その1〜

今回は、パナマ運河やニュースでパナマ文書など聞く中米パナマ共和国とスペシャルティコーヒーの関係について3回に分けてお話ししていきたいと思います。
第1回目の内容は、

[目次]
1,パナマとは?
2,パナマのコーヒーとは?
3,パナマの生産者や地域産業と価格の関係

1,パナマとは?

パナマ(パナマ共和国)は1821年にスペインの植民地支配から独立した国です。人口が約400万人を有し、日本では神奈川県の横浜市が約370万人(2018年現在)と言われているので横浜市の人口より少し多い規模の人口の国ですね。大陸は西にコスタリカと東にコロンビアに挟まれており横に長い地形が特徴です。主にコスタリカ寄りの「チリキ県」、中部「ベラグアス県」と「コクレ県」がコーヒーの生産地域として有名です。

2,パナマのコーヒーとは?

パナマにコーヒーがもたらされたのは、19世紀初頭頃でヨーロッパから来た入植者によるものと考えられています。もともとは、生産量も低く品質も著しく無かったのですが、局地的な気象条件が多く存在し、熟練した熱心な生産者が多いことから、現在はパナマ産の高品質コーヒーに、スペシャルティコーヒー業界へ注目が集まっています。また、パナマ国内のトレーサビリティー(追跡)のレベルが非常に高くコーヒーの大半は特定の農園まで生産履歴をたどることができます。さらに、その農家内で個別の品種や加工方法等の細かな情報も明確にできることもあります。このトレーサビリティーのレベルの高さもパナマコーヒーの成長の一助を担っていることと考えられます。

3,パナマの生産者や地域産業と価格の関係

パナマのコーヒーは、前述でもあったように熟練した生産者が品質向上に熱心な為、希望価格も高騰しがちです。その他にも土地の需要が高い為、コーヒー農地を外国人居住者のために販売することも有りパナマコーヒーの希少価値が上がる要因ともなります。物価が安く美しい自然が残るパナマに居を構えたいと北米の人々が移り住んできています。また、労働法の関係から他国と比べコーヒーの実を摘む労働者に高い賃金を支払う傾向があるため全体的に価格が上がりやすいとも言われております。

今回は、パナマとパナマコーヒーについての全体像をお話ししました。
次回は、パナマコーヒーがスペシャルティコーヒーとして世界に名を広げ衝撃を与えたお話をしたいと思います。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区)では新鮮で美味しいスペシャルティコーヒー豆を多数取り扱っております。店頭では焙煎豆の販売とドリンクのテイクアウトも行っています。一杯一杯ハンドドリップやフレンチプレスで丁寧に抽出していてアイスコーヒー、ホットコーヒー様々な種類を飲めます。皆様のご来店、通販でのご注文を心よりお待ちしております。

BUCKLE COFFEE(東京・大田区・雑色エリア)スペシャルティコーヒー 通販

http://www.bucklecoffee.com

Roasting lab.
〒144-0046
東京都大田区東六郷2-4-14
OPEN8:00-17:00
水・木曜日 定休日

インドネシア/マンデリン セブンステラについて

こんにちは、BUCKLE COFFEEの一ノ瀬です。本日は、私の好きなインドネシアコーヒーとBUCKLE COFFEEで扱っているインドネシアンスペシャルティコーヒー・マンデリンについてお話ししていきます。

1、インドネシアとコーヒーの繋がり

インドネシアのコーヒーの歴史は1696年、インド、マラバールのオランダ人総督が、当時のバタビア(現ジャカルタ)総督に、数本のコーヒーの苗木を贈ったことが始まりと言われております。しかし、この時に贈られた苗木は、ジャカルタの洪水に流されてしまいました。インドネシアの雨季ともなれば冠水する映像が毎年流れているのが印象的です。この洪水により最初の試みは失敗に終わってしまいました。しかし、その3年後の1699年に再び贈られたコーヒーの苗木が繁殖し、そこからコーヒー栽培が始まりました。

2、マンデリン セブンステラの特徴

マンデリンとは地名ではなく、スマトラ島に暮らすある部族の名前です。マンデリンには多くの種類があります。BUCKLE COFFEEでは2017年11月からセブンステラという銘柄を採用しています。このセブンステラはトバ湖周辺の7村で栽培されております。このマンデリン・セブンステラをハイロースト(中煎り)の焙煎度合にすることで爽やかな苦味の中に、ほのかに残るキャラメルやアーモンドのような甘みを表現しました。癖もなく、飲みやすさはピカイチです。その為、ミルクとの相性もよく、カフェオレなどに使われることも多い、万能なコーヒーと言えます。

3、美味しい食べ合わせ

毎度言っているから、もういいよと思っていると知りつつ言わせてもらいたい。チョコチップスコーンとの相性は抜群だ。お隣のパン屋ANSENさんとのコラボ限定商品で、とことんコーヒーに合う味を追求したスコーンなのです。全てのコーヒーと食べ合わせて頂きたい。マンデリンに浸して食べることで、また違った表情を見せてくれる。もちろんビスコッティなどのスナックもオススメです。

BUCKLE COFFEE
一ノ瀬

こちらのマンデリン/セブンステラは下記の焙煎所直営webショップよりご購入いただけます。
マンデリン/セブンステラ

ルワンダ/スカイヒルについて

1、ルワンダとコーヒーの繋がり

ルワンダにおけるコーヒーの歴史は1904年、ドイツ人宣教師がルワンダにコーヒーを持ち込んだことから始まったと言われております。第一次世界大戦後、国際連盟の要求により、ドイツはルワンダの植民地統治から手を引きベルギーが引き継ぎました。その為歴史的に見て多くのルワンダ産コーヒーがベルギーに輸入されています。現在の生産量は30万袋(1袋あたり60キロ)ベトナムと比べると少なく感じるが、質の高いコーヒーが多く作られている国のひとつです。

2、スカイヒルの特徴

加工方法はフリーウォッシュトを採用しており、焙煎度合はミディアム(中浅煎り)にすることで、アプリコットを思わせるトロッとした甘みになり、最後にラズベリーのようなサッパリとした甘酸っぱさが後味に残ります。更にこの年最高評価のウォッシングステーションにて、精製処理を行ったものである。スカイヒルとは、千の丘を持つ国ルワンダらしい天空に浮かぶような美しい感動的な風景から名付けられたと言われています。ルワンダの大自然の中で育てられたコーヒーを是非お楽しみ下さい。

3、美味しい食べ合わせ

癖になる、心地よい、爽やかな味わい。これをまずは楽しんでもらいたい。スカイヒルは苦味が少なく酸味が残る為、あまりにも味が濃いものとは合わせにくいです。中でもスコーンなど軽めのスイーツが相性がいいです。スコーンをコーヒーに浸しながら食べるのも絶妙なバランスがあり人気の食べ合わせとなっています。もちろん朝食のパンのお供としてもオススメです。果物のジャムを塗ったパンは特に合います